hyoushi.jpgのサムネール画像
カメラマン阪口が、6年かけてセルフビルドした秩父郡長瀞町の家。 その建築の日々を描いた「家をセルフでビルドしたい」が文藝春秋から発売になります。ぜひ、ご一読ください!!

https://books.bunshun.jp/articles/-/4548

人力社

「旅」するライター・カメラマンのクリエイティブ・ユニット

aus01.jpgseries_picture.jpg
第64回産経児童出版文化賞の発表がおこなわれ、大賞に偕成社の写真絵本シリーズ「世界のともだち」が選ばれました。「世界のともだち」は、偕成社創業80周年を記念したシリーズで、世界各国の子供たちの暮らしぶりを多数の写真家が密着取材。われわれ人力社も、オーストラリア・バイロンベイに住むビリーの暮らしを担当しております。



人力社

「旅」するライター・カメラマンのクリエイティブ・ユニット

8-6013.jpg



●菜園づくりが楽しくなるアイテムをハンドメイド!

土を耕し、おいしい野菜を収穫するのは楽しいものですが、せっかく野菜をつくるなら菜園を見ばえよく、作業も快適にしたいもの、ベランダ菜園でも活躍する「野菜のネームプレート」から、休憩時に役立つ「ロケットストーブ」「石焼き芋釜」、菜園の見ばえがグッとよくなる「緑のトンネル」「農機具小屋」まで、季節や菜園の状況に応じた便利アイテムのつくりかたを紹介。DIY初心者でもトライできるように、工具の基本的な使い方も解説します。

人力社

「旅」するライター・カメラマンのクリエイティブ・ユニット

●世界中からいただきます!
偕成社 2016年11月発売
文・中山 茂大  写真・阪口 克
645060.jpg
新しい単行本の発売です。
他人の家に泊めてもらい、ご飯を食べさせてもらう「居候」。
この本では、我々人力社のふたりが世界各地のご家庭に居候して
食べたごはんと、それにまつわるエピソードをあつめてみました。
その土地の「ふつうのごはん」を食べることは、
その土地になじむためにいちばん手っ取り早い方法です。
さまざまなごはん、台所、その地域の風習を、
ユーモラスな文と写真で紹介。ごはんを通じて、世界のくらしを知り、
いつかその国をおとずれてもらえたらうれしいです。

人力社

「旅」するライター・カメラマンのクリエイティブ・ユニット

●世界のともだち オーストラリア
偕成社 2015年10月発売
文・中山 茂大  写真・阪口 克
51cPEeZnoZL._SX428_BO1,204,203,200_.jpg

新刊が出ました!

「将来友だちになるかもしれない、だれかの毎日」

世界36か国で写真家が撮り下ろした、

「世界のともだち」シリーズ第29巻オーストラリア編を

我々、人力社が担当します。

オーストラリアの東海岸にある、バイロンベイ。

1年じゅうあたたかく、世界中からサーファーがあつまる自由な雰囲気の町です。

この町で、ビリーはのびのびとくらしています。

朝のマーケットで新鮮な野菜を買って朝ごはん、

広いお庭で兄弟とかけまわったり、お父さんのバギーにのせてもらったり。

気が向けば、はだしのままで、スケボーに乗って海へ!

毎日が夏休みのような、ビリーの海ぐらしを紹介します。 

人力社

「旅」するライター・カメラマンのクリエイティブ・ユニット